情報セキュリティにおいてhttp化は、リスクが伴います。http化に対して「https化(常時SSL化)」と呼ばれる技術がありますが、httpの次に「s」が付いていると、これらの情報は常時暗号化されているということになります。逆に暗号化されていない情報はすぐに抜き取られるリスクを伴い、危険なのです。

例えば第三者がデータを傍受したり、改ざんすることによって全然違うサイト(詐欺サイト)に誘導してしまったり、身代金目的にサイトを閉鎖させることも可能になってしまいます。これは訪問者とブラウザとサーバーでそれぞれ通信している情報がそのまま送信されてしまうためで、これらの送信を暗号化することで、セキュリティを向上させる仕組みです。