情報セキュリティ対策を講じたいのであれば、多要素認証を取り入れることをおすすめします。これは2つ以上の要素を組み合わせた認証方法です。従来の認証システムよりも複雑であり、不正アクセスなどを防ぎやすいことが特徴的だと言えます。

その人しか知り得ない知識要素、その人が持っている端末に関する所有要素、その人の身体情報である生体要素から構成されており、このうちの2つを組み合わせたものが多要素認証です。

悪意のあるユーザーがこういった要素を集めることは難しく、不正にログインされそうになっても未然に防げる可能性が高くなります。二段階認証よりもセキュリティ性が高いとされているため、これを導入すると良いでしょう。