個人情報は誰にとっても大事な情報ですが、ビッグデータ活用が当たり前の時代においては、その扱い方もまた重要になっています。
個人を特定できない形で個人情報を扱うのが、ビッグデータ時代の常識ではありますが、この一見して相反する情報の扱い方を実践するのは考えるよりも実践する方が難しいです。
個人情報保護法では身体的特徴や機密情報、匿名加工情報制度の新設といった形で、個人情報の取り扱い方の指針を示しています。
ビッグデータを活用することは、これからの時代のビジネスでは避けられませんが、個人情報の利用のハードルが上がる制度となると活用が萎縮しかねないのも確かです。
そこで、具体的なルールを設け、ルールに沿っていれば本人の同意なく情報が扱えるような、そういう工夫が行われています。