あらゆる情報をクラウドにて保存し管理する事例が多方面で一般的になってきていますが、大切なデータを守り続けるべく大切なポイントとして挙げられるのが、対象をはっきりとさせる事です。
また、クラウドに保存してある情報を守り続けるにはきっちりとバックアップを行う事も大切なのですが、バックアップを取る際には保存する媒体について思慮するのも大切です。
今日ではデータを保存する術としてHDDとSSDの存在感が強いですが、HDDとSSDはリカバリーをする時に要する時間が短くさせられます。
そのようにHDDとSSDといった選択肢がある中、より一層しっかりとデータを保護したいのであれば磁気テープもしくは光ディスクを使用するのも良い方法です。